数学を実験で考えてみよう 二進法と十進法

6月1日(火)、守谷学習センターで「数学を実験で考えてみよう」を行いました。

今回学習したテーマは、「二進法」「十進法」です。

まず、二進法がどのようなものなのかを理解し、二進法が有用でどのような時に使われているかを学習しました。

次に十進法の数字を二進法で表す方法を学習し、実際に1から63までの数字を二進法で表してみました。

その後、二進法の桁にのっとったカードを作り、二人組、三人組に分かれて数当てクイズを行いました。この数当てクイズは、実際に家族でやるととても喜ばれるゲームになります。生徒たちは各自カードを持ち帰り、自宅で楽しみました。

更に、整数の特性を利用した「シェーラザードの魔法の数」で数字遊びをしました。

数学を知ると楽しい遊びができることが分かってくると、数学は難しく面倒なものという気持ちが少なくなるのではないでしょうか。