令和2年度卒業式を挙行しました

令和3年3月16日(火)、牛久市県南生涯学習センター文化ホールで、つくば開成高等学校卒業式を挙行しました。

コロナ禍にあり式典の実施が危ぶまれましたが、感染症対策を充分に行った上で、卒業生の門出を祝う式を執り行えたことは悦ばしい限りです。

校長式辞では、かけがえのない思い出の中に自分を奮い立たせる力の源があり、失敗した経験も含め忘れられない記憶の中に大きな意味が隠されているのではないかという話がありました。

卒業生一人ひとりの中に、つくば開成高等学校で紡いだ十人十色の思い出が溢れていることでしょう。嬉しかったことや、辛かったこと、達成の喜び、失敗の悔しさ。つくば開成高等学校に入学したからこそ得られた経験を糧にして、今後もそれぞれの進路先で頑張ってください。

卒業生のみなさんのご健康とご活躍を、教職員一同祈っています。