よくある質問

つくば開成高等学校のことや、通信制高校のことで、学校見学や問い合わせの際にいただく質問を「よくある質問」としてまとめました。

よくある質問を読んで疑問が解決しない場合は、お問い合せフォームからお問い合わせください。

通信制高校について編

どちらも卒業要件(修業年限3年以上・修得単位数74単位以上・特別活動出席30時間以上)は同じですが、単位の修得方法が異なります。

特に、全日制高校は、毎日登校して、授業に出席することが単位を修得する条件となります(一定時間数欠席してしまうと、単位が取れなくなる)が、通信制高校では、毎日登校する必要はありません。

その代わりに、各科目決められた時間数の面接指導(スクーリング)と提出課題(レポート)があります。通信制高校では、生徒一人ひとりのライフスタイルに合わせた高校生活を送ることができるといえます。

はい、できます。

全日制高校と同じ高校卒業の資格となりますので、4年制大学や専門学校への進学も可能です。

卒業要件は、「修業年限3年以上」「修得単位数74単位以上」「特別活動出席30時間以上」の3つです。

はい、卒業要件を満たすことによって、3年間で卒業できます。

また、転入学や編入学の場合は、前在籍校で修得した単位や在籍期間を引き継ぐことができます。

本校は、学年制ではなく単位制なので、留年にはなりません。単位が取れなかった科目については、次年度に履修して単位修得ができます。

ただし、3年次で単位を落としてしまい、卒業要件である74単位の修得に届かなかった場合は卒業が次年度以降になります。

一般的な高校生の年齢(15~18歳)の生徒がほとんどです。年次(学年制ではないため、学年ではなく年次を使います)が上がるにつれて、転校生の占める割合が多くなります。

校則はありません。しかし、当然、社会的に認められていないことや、周囲の迷惑になる行為などに対しては厳しく指導します。

すべての生徒が、安心して学校生活を送れる環境づくりを最も大切にしています。

電車、バス、自転車、徒歩、自動車による送迎などです。

送迎の場合、登下校の時間を自由に決められる通信制高校の特性を活かし、各ご家庭の都合にあわせて登校スケジュールを決められているようです。

いいえ。通信制高校は、登下校の時間は、各生徒が自由に決めることができます。本校の場合、1時間目は9時40分からはじまり、6時間目が16時5分に終わります。

1時間だけ学習していく生徒、午前(午後)で下校する生徒、まる1日、全日制高校のように学校生活を送る生徒などさまざまです。あなたのライフスタイルにあわせて、登下校の時間を決めてください。

決まった座席はありません。その時々で、学習する教室や座席を決めてください。

ただし、基礎基本徹底コースや進学コースなど、少人数授業があるコースの場合は、決まった教室で授業が行われます。

各教室で、持参したお弁当などを食べてください。

本校では、12時30分から13時15分までがお昼休み時間です。

服装は、基本的に自由です。本校の推奨服を着て登校する生徒もいれば、私服で登校する生徒もいます。

特に必要ありません。高校生としてふさわしいアルバイトを行うことはむしろ推奨しています。お金を稼ぐということだけでなく、様々な経験を積む機会ととらえているからです。

通信制高校選びについて編

本校の最大の特徴は、生徒一人ひとりの自己実現のための学びの環境を充実させていることです。基礎に立ち返っての学び直しから、進学に向けての応用の学習までサポートします。

また、本校は、高校卒業だけを目指すのではなく、卒業後の進路実現を重視しています。高校卒業後は、多様な進路が存在します。まずは生徒一人ひとりが目指したい進路を発見するところから始め、その目標に向けて、自分らしく進んでいける環境を整えています。

つくば開成高等学校6つの特色はこちら

守谷、鹿嶋学習センターとも学校が直接運営しており、教員免許を持つ教員がみなさんの学習などを指導します。一方でサポート校は予備校や塾が運営しており、学費以外の料金が必要です。

「一般コース」のほか、学び直しや基礎力定着のための「基礎基本徹底コース」、確かな学力を身に付け、主に大学進学を目指す「進学コース」があります。

あなたらしく成長できる3つのコースはこちら

はい、学期(前期と後期)の変わり目で変更できます。慣れるまでは一般コースにして、後期から進学コースに変更するといったことが可能です。

レポートには、中学校の復習も含めていますので、ご安心ください。レポート以外に、個別に学びたい内容(小学校や中学校での学習内容)を進めていくこともできます。

また、担任の先生と相談しながら、無理なく登校する計画を立てていくことができます。

さまざまな理由で、登校が難しくなった場合も、担任を中心とした教員からのサポート体制が充実しております。

ご本人と保護者の方との対話を重ね、状況に応じて柔軟な提案をしながら、学習が継続できるようサポートしてまいります。

はい。本校は、基本的に個別指導スタイルです。集団や人が多いところが苦手でも大丈夫です。より落ち着いた場所で学習したい場合は、個別の学習スペースを利用することもできます。

土曜日や日曜日・祝日(牛久本校のみ)は登校する生徒数が少ないこともあり、そこで少しずつ学校に慣れ、平日に登校できるよう努めている生徒もいます。

登校して、気軽に話せる友達がいるほど心強いものはありませんね。本校では学年の垣根もなく、様々な行事などを通して、自然な形で生徒どうしが交流できる機会を用意しています。

高校生活を彩る、参加自由な学校行事はこちら

国語・数学・地理歴史・公民・理科・英語では、習熟度別の数種類のレポートを用意しています。

たとえば、国語は得意なので難易度の高いレポートを、数学は苦手なので中学校の復習を含む基本中心のレポートを選ぶことができます。

また、各校舎・学習センターでは、各教科担当の教員から個別指導が受けられるので、無理なく、安心してレポートに取り組むことができます。

レポートの枚数は教科によって異なりますが、最大1科目につき12枚です。1か月に、多くても1科目1枚の学習量ですので、量に圧倒されるということはありません。

月に1回程度、レポートの提出期限が設けられています。提出期限後の提出になった場合は、減点されることもあります。

各校舎・学習センターで、各教科担当の教員から個別指導が受けられます。わからないところや疑問点、勉強の仕方などについて、なんでも気軽に質問してください。

各科目、単位修得のために必要なスクーリング時間数が決められています。

たとえば、新入生の一般的な履修科目(24単位)で計算すると年間約60時間となります(1日に最大で、6時間のスクーリングを受けることができます)。

各学習拠点で、月に1回程度、体育実技の授業を行っております。近くの体育館やテニスコートを借りて、バドミントン・バスケットボール・卓球・テニスなどを行います。実技に参加できない生徒のための座学の授業もあるので、ご安心ください。

テスト(単位認定試験)は、前期・後期、1回ずつ行います。レポートの内容を理解しているかをみる試験なので、レポートの出題範囲をしっかり復習することが大切です。

追試を受けることになります。教員から個別指導を受け、できなかった問題をできるようにしてから、再度試験を受けることができます。

大学・短大への進学、専門学校への進学、就職など、希望する進路に応じて、個別に進路指導を行っています。進学の場合は、志望理由書・面接指導など、就職の場合は求人検索・作文や面接指導など、生徒一人ひとりていねいに指導を行い、進路決定を目指します。

はい、大丈夫です。本校は、大学進学に特化した進学コースを設けており(鹿嶋学習センターは除く)、指導体制を整えております。もちろん、一般コースでも大学進学することは可能です。

進路実績はこちら

はい、あります。

これまでの実績が評価され、多くの大学や専門学校から指定校推薦枠をいただいております。

いいえ。本校は、模擬試験を校内で実施しています。

模試の結果は、担任や教員によって共有され、受験指導に役立てられます。大学受験に必要な学力がついているかどうか測りながら、学習を進めていくことができます。

実用英語技能検定、日本漢字能力検定、文章読解・作成能力検定、実用数学技能検定、ニュース時事能力検定、ICTプロフィシエンシー検定など、各種検定を本校で受検できます。

検定料を学校が負担する「無料検定措置」が利用できるほか、対策講座も充実しています。

はい、就職指導も充実させております。

ハローワーク担当者による就職ガイダンスの実施、求人検索、職場見学、履歴書作成・入社試験の指導などを含めて計画的に進めていきます。

学校全体で行う行事や各校舎・学習センター独自で行う行事が数多くあります。学校行事への参加は自由です。友人を作るきっかけや、進路を決めるヒントを与えてくれる機会ともなるでしょう。

また、随時HPで行事の様子をご紹介します。

高校生活を彩る、参加自由な学校行事はこちら

はい、毎年2泊3日で行っています。ただし、参加は自由です。これまでは、北海道、関西、沖縄方面への修学旅行を実施してきました。

お気軽に教職員にご相談ください。特に、通信制高校に入学してすぐの時期は、わからないことが多くと思います。担任をはじめ、本校の教職員を頼ってください。

学校生活のこと、学習のこと、進路のこと、どんなことでもご相談ください。

入学について編

はい、できます。パンフレットやホームページだけではお伝えできない学校の雰囲気や在校生の様子などを直に感じ取ってください。

ご希望の方は、授業体験にも参加いただけます。お気軽にご予約ください。

学校見学はこちら

転入学は、現在高校に在籍している方・休学中の方が対象となります。編入学は、以前高校に在籍していて、退学された方が対象となります。

いずれの場合も、修得した単位や在籍期間は、受け継ぐことができます。

原則認められます。生徒一人ひとり状況が異なりますので、詳しくは学校見学時にご相談ください。

全日制高校(学年制)で単位を落とし留年となってしまう場合でも、通信制高校(単位制)への転校により、留年することなく進級し卒業することができます。

ただし、転校時期や修得単位数によっては、卒業が延期となる場合もあります。詳しくは学校見学時にご相談ください。

在籍校と本校の間で転入学書類をやりとりする時間を含めて、平均して2~3週間かかります。転入をお急ぎの場合は、早めの手続きをお勧めしています。

新入学では面接と書類選考、転編入学では書類選考を行います。

特進コースを希望する場合は、面接と書類選考の他に、国語・数学・英語の筆記試験があります。

はい、新入学での併願は可能です。第一志望を、全日制高校とすることも、もちろんできます。

はい、できます。平日だけでなく、土曜日も、また週によっては日曜日も登校が可能です。

はい、できます。入学基準に年齢制限はありません。

基本的には、単位修得に必要な費用がすべて含まれています。ただし、一部自由参加の行事(修学旅行など)の中には、費用が別にかかるものがあります。また、進学コース等の教材費や模試代は別途かかります。

学費についてはこちら

いいえ。本校は何日通っていただいても、学費は変わりません。

はい、できます。詳しくは、履修相談時にご相談ください。

いいえ。教科書代は学校が負担し、全生徒に配布しています。

はい、受けられます。ただし、世帯年収によって支給金額が異なります。

就学支援金についてはこちら

はい、学割で通学定期券・回数券が購入できます。

はい、制服(推奨服)はありますが、購入するかしないかは自由です。私服で登校することもできます。